基礎補強は耐震対策の基本

住宅における基礎の役割とは、建物の揺れと荷重を柱と土台が基礎につたえて、基礎がその力を受け止め地盤に平均的に逃がし倒壊を防ぎます。その重要な役割の基礎にひび割れがあると、地震で倒壊する可能性が一気に高まります。


換気口付近のひび割れ

基礎のひび割れ

外周の基礎のひび割れ

ひび割れ補修はなぜ必要か?

鉄筋コンクリートは外部環境の影響を受けて、コンクリートのアルカリ性が次第に失われていきます。ひび割れが無い場合は、数十年かけてゆっくり中性化するのですが、ひび割れがあると内部鉄筋への直接的な影響により、錆の発生が早まる原因となりますので、樹脂注入による補修が必要となります。  

ひび割れを放置すると… 

 ひび割れを放置しておくと鉄筋が錆び、さらに進行すると錆が膨大して、やがて周囲のコンクリートが剥がれ落ちてしまいます。この現象を爆裂と言います。爆裂が起こると鉄筋の修繕を行い、樹脂モルタルで埋め戻すという補修工事が必要となります。

ひび割れ補修施工

ゴム膜と固定枠からなる注入ドームを用い、ゴム膜の復元力を利用して、低圧で自動的に、ひび割れ部に深くエポキシ樹脂を注入します。国土交通省の仕様書にも採用されている安心の自動式低圧樹脂注入工法です。
 
ひび割れ補修のパンフレットはこちらからダウンロードできます。


注入ドーム設置後

エポキシ樹脂注入

樹脂注入後

爆裂補修施工

爆裂とは、コンクリートのひび割れ箇所から雨水や炭酸ガスが侵入することにより鉄骨に錆が発生し、その錆が膨張し、爆裂によりコンクリートが剥離,剥落した状態のことを言います。
爆裂が起きたら、爆裂の周囲のコンクリートをはつり、鉄筋の錆を取り除くなど鉄筋の修繕をおこない、エポキシ樹脂モルタルで埋め戻す作業が必要となります。 


ハツリ工事

錆落とし

防錆プライマー塗布

エポキシ樹脂モルタル埋込

基礎内側塗装

化粧モルタル仕上げ